052-802-1155

お問い合わせ

スタインウェイ・ボストン・エセックス 愛知県正規特約店

名古屋ピアノ調律センター

ジョン・レノン限定モデル ”イマジン”シリーズ を展示します。

伝説のミュージシャン、ジョン・レノンの生誕70 周年を記念しスタインウェイ& サンズ社が製作した限定モデル「イマジン・シリーズ」が、日本に到着!


2011年6月11日(土)、12日(日) ミッドランドスクエア商業棟B1Fアトリウム
ミッドランドスクエアの演奏場所はコチラ→ http://www.midland-square.com/floor/index.html
6月11日(土)pm2:00~
スタインウェイ ジョン・レノン限定モデル『イマジン・シリーズ』で弾く ピアノ・リレーコンサート
◇海老原優里      ♪スケルツォ第2番 Op.31(ショパン) 他
◇【Piano Duo M&M】 長井美香&村松明子 ♪のだめカンタービレ・メドレー    他
◇金澤みなつ      ♪愛の夢(リスト) 他
◇林祐市         ♪シェルブールの雨傘 他
◇鈴木理咲子  ♪幻想曲 Op.49 (ショパン)
◇風呂矢早織  ♪アイ・ガット・リズム    他
◇藤原奈保        ♪ピアノソナタ第3番より第1・4楽章(ショパン)
◇【Piano Duo】 大石寛子&小林清佳 ♪組曲《動物の謝肉祭》より(サン=サーンス)
6月12日(日)13:30~/15:00~
スタインウェイ ジョン・レノン限定モデル『イマジン・シリーズ』で弾く
DOGS(ドッグス)
ヴォーカル 永井絵理奈 ピアノ 水野 真志 ギター 小川 貴仁 ベース 松岡 靖幸
◇イマジン◇アイ・フィール・ファイン◇オール・ユー・ニード・イズ・ラブ◇スタンド・バイ・ミー◇アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド◇アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア◇カム・トゥゲザー◇ハード・デイズ・ナイト
14:15~/15:45~
ピアノ演奏とスタインウェイピアノの説明
演奏と解説:佐藤立樹
2011年6月13日(月)~26日(日) 弊社ショールームにて期間限定展示をいたします。
ご試弾も可能です。他のお客様と重ならなければ直接ご来店いただいても御試弾いただけますが、お電話で一度ご確認・予約頂いた方がより確実です。)
ショールームの場所はコチラ → http://www.nagoyapiano.com/company/index.html#mapaccess
スタインウェイ ジョン・レノン限定モデル『イマジン・シリーズ』について
スタインウェイ&サンズ社では、1853 年の創業以来、創設者ヘンリー・E・スタインウェイの掲げた“The Best Piano Possible”( 可能な限り最高のピアノを)という哲学が今日まで受け継がれています。単純に聞こえるこの理念には、厳選された材料を用い、何世代にもわたって蓄積された職人の知恵と技(クラフトマンシップ)によってピアノを作り上げるという強い姿勢が込められています。
実際、スタインウェイのグランドピアノは、乾燥された木材から完成にいたるまでにほぼ1 年の歳月を要します。
いつの時代にも最高の品質を追い求めることによって、スタインウェイ&サンズ社は世界最高のピアノメーカーとしての地位を確立しました。
現在、コンサートピアニストの10 人に9 人がスタインウェイを選び、1,600 人を超えるあらゆるジャンルのピアニストが自らをスタインウェイアーティストと呼ぶ理由はここにあります。
伝説のミュージシャンで真のクリエイターと称される、ジョン・レノンが音楽史に残る傑作「イマジン」をスタインウェイのピアノで作曲した理由も同じです。
スタインウェイ&サンズ社では、長い歴史を通して折々に特別な「限定モデル」を製作してきました。
2010 年、ジョン・レノンの生誕70 周年を記念し、スタインウェイ& サンズ社は「イマジン・シリーズ」を限定モデルとして製作しました。
「イマジン・シリーズ」の原型は、ジョンが1971 年に夫人のオノ・ヨーコさんへ誕生日プレゼントとして贈った、スタインウェイの白いグランドピアノです。
どのピアノにもジョンのサインと「イマジン」の楽譜が描かれ、世界にただ一台のピアノであることを示すメダリオンがあしらわれています。
譜面台にはジョン・レノン自作のイラスト4 点の中からひとつが描かれ、響板にもカラーのロゴが特別にあしらわれています。以下に特徴を詳しくご説明します。
「イマジン」の一節
ピアノの天屋根を開くと、側板の内側に、世界を変えた詞の一節が美しく飾られています。
「イマジン」の楽譜
鉄骨フレームに描かれているのは「イマジン」の冒頭4 小節。まさにここから生まれたメロディです。
イマジン・シリーズ・メダリオン
それぞれのピアノには、シリーズ名とシリアルナンバー、そして「雲の如く、透き通るような音」を意味するレノン自作の落款「如雲玲音」を描いたメダリオンが取り付けられています。
ジョン・レノンのサイン
鍵盤の蓋の高音側を美しく飾るジョン・レノンのサインは、「イマジン」の詞のように、音楽と人生の両面におけるあなた自身の可能性を想像してみるように促します。
譜面台にはジョン・レノン自作のイラスト4 点の中からひとつが描かれます。4 つの譜面台デザインには、それぞれ以下のメッセージが込められています。
カム・トゥゲザー (左上)
ビートルズの歴史的なアルバム『アビー・ロード』のオープニングを飾った一曲と同じタイトルのこのイラストは、人々をひとつにしたいというジョン・レノンの願いを表現しています。
フレダ・ピープル (左下)
音楽は感性を解き放ち、詞は知性を解き放ちます。
このイラストは、音楽によって人々に素晴らしい何かを与えたいと考えたジョン・レノンの情熱を表しています。
グランドピアノ (右上)
ジョン・レノンは曲作りという緻密な作業を愛していました。
その過程の中でミュージシャンとピアノがひとつになる様子が、このイラストには描かれています。
セルフ・ポートレート (右下) ※今回日本に入荷するデザイン彼が描いたイラストの中で最も有名なもののひとつでしょう。ごくわずかな線で描かれた表情は紛れもなくジョン・レノンです。
響板はピアノの心と呼ばれます。なぜなら、私たちがすぐにピアノとわかる美しい音と豊かな響きは、精巧に形作られたこの部品が振動することによって生まれるからです。
ジョン・レノンが「イマジン」をはじめ、私たちが決して忘れることのない無数の作品を創造したとき、彼の心を伝えたのはまさにこの響板です。
ジョン・レノンの生涯と、彼がいかに世界を魅了したかに敬意を払うことがなければ、このイマジン・シリーズが完成することはありえません。

響板に描かれるイラスト( 作:ジョン・レノン)
「イマジン・シリーズ」はスタインウェイ&サンズ社のニューヨークとハンブルク両工場で限定生産され、次のモデルからお選びいただけます。( M-170、O-180、A-188、B-211、D-274)
● 今回、日本で展示される予定のピアノは
O-180 モデル( 希望小売価格: 税込1200 万円)
● この限定モデルには、専用ベンチが付きます。
● カバー・運送据付料は価格には含まれておりません。
● 価格は予告なく変更することがございますので予めご了承下さい。