名古屋ピアノ調律センタートップ > スタインウェイのご紹介

伝統 Tradition

スタインウェイ・アンド・サンズは、1853年ニューヨークにおける創業以来、アップライト及びグランドピアノに最高位の品質を追求して厳しい基準を設けてきました。 スタインウェイへの高い評価は、150年余をへた今日も、世界のトップアーティストから若き未来のピアニストや家庭の音楽愛好家に至るまで、変わることがありません。 スタインウェイの他に類をみないさまざまな特徴は、スタインウェイをますます特別なものにし、また時代を越えてその品質を保持していくことをさらに促します。 スタインウェイのピアノは、長い間どのように酷使されようとも、そのまぎれもない独自の「個性」を保ち続けます。

哲学 Philosophie

スタインウェイ・アンド・サンズ社の創業者、ハインリヒ・エンゲルハルト・シュタイヴェグの心を駆り立てていたのは、 "これ以上はない最高のピアノを作ろう"と言う強い願望でした。それは初めからすべてに最高を求めていくことでした。 スタインウェイの"手造りの心と技---クラフトマンシップ"です。スタインウェイでは、テクノロジー時代の今日においても、 工程の80%が機械ではなく人の手によって進められています。文字通りのクラフトマンシップの実践です。 これこそ、スタインウェイの一台一台が、オリジナルであり、芸術品であるといわれるゆえんです。 スタインウェイは、専門の職人によって組み立てられ、熟達したマイスターの手によって完成されます。

価値 Wert

スタインウェイは、演奏するうえでも、奏でられる響きとその姿においても、ピアノという楽器の理想をはるかに越えています。 計り知れない音楽の歓びと価値のあるものを保有する喜びをともに実現するのがスタインウェイです。 スタインウェイは年月を重ねるごとにその価値を高めてゆきます。世界中で望まれ、世代を越えて誇りとともに受け継がれてゆく価値ある資産です。 また若い才能を開花させるうえで力を発揮するスタインウェイを求めることは、その後何年にもわたって報われることでもあります。