名古屋ピアノ調律センタートップ > 調律・修理について > 調律について > グランドピアノ修理再生工程

グランドピアノ調整作業過程|名古屋ピアノ調律センター

グランドピアノ修理再生工程

(1)外部をきれいに磨き上げます。

外部をきれいに磨き上げます。

  1. 外部をきれいに磨き上げます。
  2. 外部をきれいに磨き上げます。

(2) ピアノの鉄骨フレームを取り外します。

フレームを塗装するために、きれいに磨き、塗装の下準備をします。

(3)古いニスを剥がし、響板がきれいになるよう塗装します。

写真は剥離後に塗装が済んだ状態です。

  1. 古いニスを剥がし、響板がきれいになるよう塗装します。写真は剥離後に塗装が済んだ状態です。

(4)響板塗装が済んだ後、ピアノ本体に鉄骨フレームを取り付けます。

フレームは非常に重いので慎重に作業します。取り付けた後は、本体にねじ締めをします。

  1. 響板塗装が済んだ後、ピアノ本体に鉄骨フレームを取り付けます。フレームは非常に重いので慎重に作業します。取り付けた後は、本体にねじ締めをします。
  2. 響板塗装が済んだ後、ピアノ本体に鉄骨フレームを取り付けます。フレームは非常に重いので慎重に作業します。取り付けた後は、本体にねじ締めをします。
  3. 響板塗装が済んだ後、ピアノ本体に鉄骨フレームを取り付けます。フレームは非常に重いので慎重に作業します。取り付けた後は、本体にねじ締めをします。

(5)フレームを取り付けました。

美しく仕上がっています。

  1. フレームを取り付けました。美しく仕上がっています。

(6)弦を張ります。

ピアノの弦は張力が非常に強く、沢山の弦を張りますので、他の弦楽器に比べて時間、労力のかかる作業です。

  1. 弦を張ります。ピアノの弦は張力が非常に強く、沢山の弦を張りますので、他の弦楽器に比べて時間、労力のかかる作業です。
  2. 弦を張ります。ピアノの弦は張力が非常に強く、沢山の弦を張りますので、他の弦楽器に比べて時間、労力のかかる作業です。
  3. 弦を張ります。ピアノの弦は張力が非常に強く、沢山の弦を張りますので、他の弦楽器に比べて時間、労力のかかる作業です。

(7)アクション、鍵盤を取り付ける準備をします。

フェルトの取替えなどの下準備を行います。

  1. アクション、鍵盤を取り付ける準備をします。フェルトの取替えなどの下準備を行います。

(8)新しいハンマーを確認します。

音質感を決める重要な部品なので、取り付け前に再チェックをします。

  1. 新しいハンマーを確認します。音質感を決める重要な部品なので、取り付け前に再チェックをします。
  2. 新しいハンマーを確認します。音質感を決める重要な部品なので、取り付け前に再チェックをします。
  3. 新しいハンマーを確認します。音質感を決める重要な部品なので、取り付け前に再チェックをします。

(9)ねじれ、走りなどを確認

アクションレールにハンマーシャンクを付けてねじれ、走りなどを確認します。

  1. アクションレールにハンマーシャンクを付けてねじれ、走りなどを確認します。

(10)新しいハンマーシャンクに、新しい羊毛のハンマーを取り付けます。

取り付け後の音質を考慮して、接着剤には伝統的な膠(にかわ)を使用しています。

  1. 新しいハンマーシャンクに、新しい羊毛のハンマーを取り付けます。取り付け後の音質を考慮して、接着剤には伝統的な膠(にかわ)を使用しています。
  2. 新しいハンマーシャンクに、新しい羊毛のハンマーを取り付けます。取り付け後の音質を考慮して、接着剤には伝統的な膠(にかわ)を使用しています。
  3. 新しいハンマーシャンクに、新しい羊毛のハンマーを取り付けます。取り付け後の音質を考慮して、接着剤には伝統的な膠(にかわ)を使用しています。

(11)すべてのハンマーを取り付けました。

この後、このアクションをピアノに合わせる作業(整調)を行います。

  1. すべてのハンマーを取り付けました。この後、このアクションをピアノに合わせる作業(整調)を行います。

(12)すべての部品を取り付けて、再調整を行います。

ピアノは木材、フェルトなどを沢山使用しており取り付け時は変化が大きいので、何度も調整作業を繰り返します。

  1. すべての部品を取り付けて、再調整を行います。ピアノは木材、フェルトなどを沢山使用しており取り付け時は変化が大きいので、何度も調整作業を繰り返します。
  2. すべての部品を取り付けて、再調整を行います。ピアノは木材、フェルトなどを沢山使用しており取り付け時は変化が大きいので、何度も調整作業を繰り返します。

ピアノ修理再生の作業には約1〜2ヶ月かかります。音質に影響のあるパーツはすべて取り替えるため、作業後には新品同様の艶のある響きが蘇ります。

< 前のページへ戻る