名古屋ピアノ調律センタートップ > 調律・修理について > 調律について > ピアノの修理必要箇所の例と説明

グランドピアノ調整作業過程|名古屋ピアノ調律センター

ピアノの修理必要箇所の例と説明

(A)鍵盤ブッシングクロス交換

ピアノを弾くときに必ず触れる鍵盤は、テコの原理を使って動いており、公園のシーソーのような動 きをしています。1音の鍵盤には2本の金属ピンで支えられており、1本は鍵盤上下運動の支点のために、もう1本は左右にぶれるのを防ぐように使われていま す。その金属ピンを支える部分に、ブッシングクロスが使用されています。よく弾かれたピアノは、鍵盤の上下運動も繰り返し行ったために、金属ピンと擦れて クロスが消耗して、鍵盤に必要以上のがたつきが生まれてしまいます。その消耗したクロスを交換するのがこの作業です。交換した後はブッシングクロスと金属 ピンの隙間が適正かどうかチェックして、修正作業を全鍵盤に施します。

  1. 1.磨り減ったブッシングクロスを交換するために鍵盤から剥がしました。

    1.磨り減ったブッシングクロスを交換するために鍵盤から剥がしました。

  2. 2.鍵盤フロント部分のブッシングを張り替えます。

    2.鍵盤フロント部分のブッシングを張り替えます。

  3. 3.バランス部分にも同様の処置をします。

    3.バランス部分にも同様の処置をします。

  4. 4.張替え後の写真です。張り替えた後は、鍵盤を本体に取り付け後、再調整します。

    4.張替え後の写真です。張り替えた後は、鍵盤を本体に取り付け後、再調整します。

(B)バットスプリングコード交換

ハンマーバットスプリングを引っ掛ける“ひも”(バットスプリングコード)が劣化して切れやすくなっているため、交換します。
この紐が切れていると、バットスプリングの機能を果たすことができません。
その仕組みは、ピアノのハンマーは一度弦に当たった後、次の音を出すためにもう一度元の位置へ戻らないといけないのですが、グランドピアノと違ってアップ ライトピアノのハンマーは縦の位置についているためにハンマー単体では戻ることができません。その動きを補佐する役目を果たすのがバットスプリングとスプ リングコードです。ハンマーが元の位置に戻っていないために、演奏上、連打ができなくなるなどの不都合が生じます。また、ダンパーのある箇所ではスプリン グがダンパーレバーに干渉してしまうために、カチャカチャ雑音がする、引っかかって音が出なくなってしまった、などの症状が出ます。

  1. 1.バットスプリングコードが劣化して切れています。

    1.バットスプリングコードが劣化して切れています。

  2. 2.きれいに取り外して、新しいコードを取り付ける準備をします。

    2.きれいに取り外して、新しいコードを取り付ける準備をします。

  3. 3.コード取替え後、ハンマーを取り付けて位置を再調整します。

    3.コード取替え後、ハンマーを取り付けて位置を再調整します。

< 前のページへ戻る